LINEで送る
Pocket

1

筆者は当時30代後半の女性です。

マレーシア国際交流パーティーの開催場所は?

マレーシアクアラルンプール、中心部のホテルで開催されました。

マレーシアでは、その時期に各地で無料で料理が提供されるイベントがあるそうです。

マレーシア国際交流パーティーのコンセプトと運営団体名

インターネットサイト内で、couch surfinの個人が企画したイベント。

コンセプトはマレーシアでチャイニーズニューイヤーのイベントに、

人種問わずに参加して欲しいとのことで開催したと言っていました。

この様なイベントはマレーシアの文化の一つとのことで、文化を知って欲しいとのことです。

マレーシア国際交流パーティーのスタイル

主にマレーシアの食べ物。焼きそば、チャーハン、ジュース、野菜炒めなどです。

立食式で、食べ放題ですが、並んで係りの方に盛ってもらう方式。

ドリンクはオレンジジュースのセルフサービスで、お国柄アルコールはありません。

みかんが縁起物らしく、チャイニーズのコスチュームを着た方が皆に配っていました。

日本の獅子舞のようなライオンダンスというものが、行事となっているので、

外で先にそちらを鑑賞してから中に入って食事を取るシステム。

マレーシア国際交流パーティーで服装など気を付けたことは?

黒い服は着ないようにとのことで、事前に主催者から指示がありました。

出来ればイメージカラーの赤が良いと言われましたが、持ってなかったので、

無難な白いカジュアルなTシャツで行きました。

マレーシア国際交流パーティーのシチュエーションや会話の内容など

カザフスタンの留学生の女の子と仲良くなりました。

日本の文化に興味があり、日本のアニメも好きだそうです。

向こうから話しかけてくれました。

その彼女と一緒に来ていたイラン人の男性とも少し話しました。

チャイニーズニューイヤーは旧正月ですが、日本のお正月はいつなのか、

何をするのかなどお互いの国の話をしました。

マレーシア人の男性は皆に話しかけてくれて、パーティーなどの常連のようでした。

みんなの写真を撮ってくれて、連絡先の交換をしました。

ここで会った方とはfacebookで今も繋がっています。

マレーシア国際交流パーティーに参加した感想

単純に色々な国の人と知り合いになりたかったので、思いどおりに知り合えて良かったです。

日本人に対してフレンドリーな方は多く、興味を持って貰えました。

常連の方は、1人での参加だったので、もしかすると通ううちに

どんどん知り合いが増えて1人参加になったのかなと思いました。

ただし行き過ぎて、知り合いばかりだと、

新しい出会いの機会が無くなるのも困るなと思いました。

東京・大阪の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)情報ならこちら

→東京の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす
→大阪の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす

LINEで送る
Pocket

→国際交流パーティーをもっと読む

→国際交流が捗るおすすめ英語教材のご紹介


スポンサーリンク