LINEで送る
Pocket

筆者は30代後半の既婚女性です。

ちなみにイベントに参加した時は30代前半で独身でした。

開催場所は岡山県岡山市中心部にある国際交流センター

国際交流センターという建物内で開催されました。

駅も近くアクセスが良い場所で、県下に住む外国人や旅行者への案内など国際交流の拠点のような場所です。

国際交流イベントのコンセプトはドイツの文化を知ろう!

ドイツの文化を知るための国際交流イベントでした。

ドイツからの留学生や在住ドイツ人などからドイツの文化や生活などを紹介してもらう、100人弱のイベントでした。

運営は県内の国立大学と国際交流センターの共同運営だったと思います。

そこにドイツ語のクラスを運営している団体などが協力してイベント告知をしていました。

国際交流イベント中はドイツのお菓子やケーキをいただきました

参加費は500円でしたので、飲食が用意されているとは思っていませんでしたが、簡単なものがいくつかありました。

ドイツの有名なチョコレート(名前は忘れましたが)、ハリボというドイツの有名なグミ(現在では全世界的に有名ですが)など。

県内在住のドイツ人が手作りのケーキを焼いてきてくれていたので、それをほんの少しづついただきました。
食べ物はどれも甘かったです。

飲み物はペットボトルのお茶と水のみでした。
ひとつのテーブルに7人くらい座っていたので、食べ物・飲み物を皆が譲り合っていました。

服装は平日の夜だったこともありオフィスカジュアルで

平日の19時からのイベントたっだので、仕事帰りのオフィスカジュアルスタイルで参加しました。

ドレスコードは何もなかったので、皆さん思い思いの服装で参加していました。

参加している人は国際感覚がりドイツ語を話せる人が多かった

国際交流のイベントに参加するくらいだから、来ている人はそれなりに国際感覚を持った人や外国人も多かったです。

私のテーブルには、仕事で海外に出張によく行く人や、留学経験がある人、語学を現在も継続して勉強している人、海外の留学生などがいて、日本人同士で話をしていてもとても面白かったです。

ドイツ語で話すことが多かったので、イベントのプレゼンテーションをしている最中は、そちらに集中するよりはテーブルの人と沢山話していました。

ドイツ人との交流でも重要なのは英語が話せること!

フリータイムや、イベントが終わった後にテーブル間を自由に行き来できるときの方が沢山話ができました。

ドイツ人の人も含め、他の外国人の人と私達日本人の共通言語は英語だったので、やはり英語が話せることがすごく重要なんだと感じました。

会話ができることで、立場を超えて、そこにいた人達とコミュニケーションを取ることができました。

日本人女子がナンパに来ていたが浮いてました

中には、ドイツ人の若い男の子目当ての若い女の子がしきりに日本語で連絡先の交換を申し込んでいましたが、それは残念な光景でした。

気軽な気持ちでいってみれば、思いもよらない出会いや交流ができるので、ぜひこんなイベントには参加してみた方が良いと思います。

最新の東京・大阪の国際交流パーティー情報はこちら

→東京の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす
→大阪の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす

LINEで送る
Pocket

→国際交流パーティーをもっと読む

→国際交流が捗るおすすめ英語教材のご紹介


スポンサーリンク