LINEで送る
Pocket

もう日本人男性は飽きた!という方、次につきあうならラテン系男性はいかがですか?

日本人よりはるかに豊かな愛情表現であなたを包んでくれますよ。

情熱的な恋愛を求める女性のみなさん、ラテン系男性はその期待を裏切りません!

これはJ.C.デービス氏という方の言葉です。
J.C.デービス氏はニューヨークで様々な人種の男性と交際した経験から、
『恋愛に人種なんて関係あるの?』という本を出版された方です。

そんな彼女が言うので間違いありません。

しかし、ラテン系男性は日本人とは文化や習慣が違うため、その点をあらかじめ知っておかないとあらぬ誤解を招く恐れもあります。

今回は彼女の本を参考にしてラテン系男性を攻略するにはこうせよ!という攻略法を紹介していきます。

まずラテン系男性のついて知っておくべきこと

ラテン系文化の多様性

“ラテン系”というとどこの国をイメージしますか?スペイン?ブラジル?はい、どちらもラテン系です。

しかしその他にもキューバ、ベネズエラ、アルゼンチン、など様々な国があります。

同じラテン系でも、国が違えば、当然のことながら生活習慣や価値観などが違います。

ですから、まずは彼の出身国を聞きましょう。
そしてその国にはどんな習慣や特徴があるのか積極的に聞いて情報収集しましょう。

宗教(カソリック)の影響は絶大

大半のラテン系男性はカソリック信者です。
その宗教が生活のあらゆる部分に影響しています。

まずはあなたがカソリックを受け入れられるかどうかを考えてみましょう。

もしカソリックに馴染めないと感じたら、残念ですがラテン系男性との交際は避けるべきです。
間違ってもカソリックに対して批判的な意見は言ってはいけません。

日本と似ている道徳観

伝統的な宗教であるカソリックの価値観や道徳観は非常に保守的です。
年長者を敬うとか謙虚さといった道徳観が根付いています。

ひと昔前の日本のそれと似ているかもしれません。
彼の家族に会いに行く際には、肌の露出の多い服装は避け、控えめな洋服で彼の母親の印象を悪くしないように気を付けましょう。

チョコレートや花束などの手土産も忘れずに持っていくことが大切です。

彼のお母さんがキッチンで作業をしていたら、「お手伝いましょうか?」と声をかけてみてください。
お母さんはおそらく最初は“いいえ、大丈夫よ”とジェスチャーで断ってくると思いますが、それでも3回くらいは同じように聞くようにしてください。

彼らの素晴らしさはなんといっても!!

とにかく彼らは情熱的です!
男らしさとセクシーさを兼ね備え、レディファーストの精神が身についています。

女性への愛情を堂々と惜しみなく表現し、デートで女性にお金を払わせるようなことは一切ありません。

しかし問題も!

もちろん、全ての面でパーフェクトということはありません。
ラテン系男性は1人の人と長く交際を続けることが得意ではないようです。

出会いから交際が始まるまでの時間は早いのですが、終わりを迎えるのも早いという特徴があります。

また、浮気をする癖があるようで、恋愛上手なニューヨークの女性ですらラテン系男性に浮気されてだまされたということがあるくらいです。

宗教の影響もあり保守的な価値観を強くもつラテン系男性は、男女の役割についても古い考えを持っている場合が多く、家事は女性の役目と考えています。

嫉妬心や支配欲が強いのも、こういった保守的な考えが元になっているのかもしれません。

最新の東京大阪の国際交流パーティー情報はこちら

→東京の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす
→大阪の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす

LINEで送る
Pocket

→国際交流パーティーをもっと読む

→国際交流が捗るおすすめ英語教材のご紹介


スポンサーリンク