LINEで送る
Pocket

国際交流インターナショナルパーティー234

清楚で女性らしい優しさのイメージのある大和撫子は海外でも大人気ですよね。

一方、日本人男性は海外ではさえないイメージ。

でもそんなことはありません。世界には日本人だからこそモテる国があるのです。

モテないと自信を失っている男性も、いまからご紹介する国へ行けばほぼ100%でモテること間違いなしです!

モテモテになれる国1:ブラジル

ブラジルはサッカーにカーニバルと情熱的な国。
日本といえばワビサビ、和を重んじるなど、どちらかと言えば静の国です。

一見、正反対に思えるこの国でどうして日本人男性がモテるのでしょうか?

世界に数ある日系人居城区の中でも、ブラジルにあるサンパウロの日系人居住区は世界最大です。

ブラジルに住む日系人のほとんどが、日本からブラジルに移住してきた移民の子孫たちです。

今では、約160万人の日系人がブラジルに住んでいると言われています。

その日系人たちは、ブラジル人口の約2億人に対して1%にも満たないのですが、
ブラジルの一流企業に勤めるエリートたちのほとんどが、日系人なのです。

ですからブラジル人にとって日系人はハイステータスなイメージがあるのです。

そして日本から移住してきた子孫である日系人たちがブラジルに多くの貢献をし、
ブラジルの発展に大きく関わった歴史的背景もあり、とても親日家が多いのです。

こうした理由があり、ブラジル人女性たちには日本人男性はとても魅力的なのです。
そしてうれしいことに、ブラジル人の女性は美人が多いということ!

ブラジル国内ではミス・コンが頻繁に行われており、美に気をつかう女性が多いのです。

街を歩けばあっちにも、こっちにも美人が…!

ブラジルの女性たちを振り向かせるには、もちろん男性としての魅力や、ある程度の経済力が必要です。

ですが日本人、というだけでブラジル人女性の視線を集められるなら一度は訪れる価値のある国ですよね。

モテモテになれる国2:タイ

タイも日本人、というだけでモテモテになれるのです。

ただしこの記事を読んでいるあなたが、日本で言う「草食系男子」なら読み飛ばすか、
もしくは大胆にイメチェンをする必要があります。

日本では人気の草食系男子もタイでは問題外です。

なぜならタイには同性愛やニューハーフなど「美しい男たち」が多く、
草食系男子のような中性的な男性はタイの女性からするとモテるポイントにはなりません。

タイの女性たちが好むのは、何よりも男らしさです。

日本でいうと、あの一流スナイパーのゴルゴ13のように眉毛を
黒々とさせてタイに行くことをおすすめします。

タイも親日家の多い国です。
タイでは日本文化、とくにアニメやコミックが若い層に浸透しており、
「名探偵コナン」や「ちびまる子ちゃん」を読んで育ったタイ人が多いのです。

タイ人の女性も例外なく、日本のアニメやコミックに親しんで育った女性が多いです。

またアニメ・イベントが大規模に開かれるなど、アニメやコミックはとても人気があります。

もしあなたがアニメやコミックが好きなら、会話のきっかけを作るにはいい話題かもしれません。

またタイは東南アジアの中でも経済成長が著しい国です。
タイ国内の経済成長を支える基盤となっている企業のほとんどが、日系企業です。

ですからタイでは日本人はお金持ち、誠実で真面目などの良いイメージを持つ女性が多いです。

タイ人の女性たちは男らしい男を好みますが、他にも経済力を重要視する傾向があります。

とくに恋愛に関しては、経済力は外せないポイントになってきます。

女性がロマンチックな出来事に憧れながらも、現実にも厳しいのはどこの国も同じですね。

もしこれらのポイントをクリアできたら、微笑みの国の美女が振り向いてくれるかもしれません。

モテモテになれる国3:フィリピン

歴史的にフィリピンと日本の関係はあまり良いとは言えません。
ですがフィリピンも上記の国と同様に、親日家が多い傾向にあります。

日本人に対するイメージが良いので、日本人には優しく接してくれるフィリピン人が多いです。

フィリピン人男性も若くて優秀な人材が多くいるのですが、日本人男性のほうが断然モテます。

フィリピンも日系企業が多く参入しており、フィリピンの経済成長を支えています。

フィリピンでは外資系企業とフィリピン国内企業との賃金差がおよそ4倍です。

フィリピンの女性たちからすると、日本人男性の経済力はとても魅力的なのです。

そしてもう一つ、日本人男性がモテる理由があります。

フィリピンでは男性より女性の方が働き者です。

奥さんが働いて家計を支え、男性はヒモ状態なんてことも。

そんなケースも珍しくないため、よく働き経済力もある日本人男性が魅力的なのは、当たり前のことでしょう。

女性としては男性の中身も大切ですが、どうしても経済力を重要視してしまうのは女性共通のポイントでしょう。

そしてここで注意点です。

フィリピンで知り合った女性が、運命の人だと思っても相手の周辺の人たち、親類や知人、
友人が必ずしも良い人たちだとは限りません。

日本人は稼ぎが良く、よく働きますがお人好しな面があります。

そこにつけ込まれて、騙される可能性もあります。

現地で知り合った素敵な女性と付き合った結果、騙された!
なんてことにならないよう注意しましょう。

これはどこの国でも言えることで、フィリピンにかぎったことではありません。

外国で出会った素敵な女性だからこそ、慎重にお付き合いをしましょう。

モテモテになれる国4:ポーランド

ここにきて、突然ヨーロッパに飛びますが、ポーランドも親日国なのです。

それは歴史的背景が理由です。

日露戦争、第一次戦争後にロシアから送られたポーランド兵や、
孤児に対する日本の対応が、親日家を増やす要因になっています。

ポーランドにおける親日傾向はいまだに続いており、ポーランド各地の大学には日本語学科があり、
名門ワルシャワ大学も例外ではありません。

また日本関連施設も多くあり、学生や個人でも日本語を学んだり、日本文化に触れる人が大勢います。

インターネットが広まった現在では、日本のアニメを見て日本語を学ぶ子供たちもいるそうです。

ポーランド人の親日ぶりがうかがえますね。

ポーランドでは日本人がポーランドに留学したり、仕事で滞在経験があるというだけで交感を持たれます。

純粋に日本が好きという観点から見ると、日本人男性がモテることは確実です。

またポーランドは美人が多いスラブ諸国の一つですから、これもうれしいですね。

もしかしたら、真実の愛はポーランドにあるかもしれませんよ。

モテモテになれる国まとめ

どうでしたしょうか。
日本人男性は世界では通用しないなんて、そんなことはありませんでしたね。

日本人男性がモテる国の多くは、日本に良い印象を持っている国が多いようです。

性格や経済力など、モテるためのポイントはありますが、一番のポイントは、出会った時の笑顔です。

笑顔という世界共通のコミュニケーションを駆使しましょう。

多少の言葉の壁は、あなたの一生懸命さがあれば意外となんとかなってしまうものです。

そしてもう一つのポイントは、ほんの少しの勇気です。

モテないと自信を失ってしまっても、思い立ったその時が変わるチャンスです。

バカバカしいかもしれませんが、鏡を見てにっこり笑う練習をしてみましょう。

少しずつ笑顔が板についてきますよ。

海外

最新の東京大阪の国際交流パーティー情報はこちら

→東京の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす
→大阪の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす

LINEで送る
Pocket

→国際交流パーティーをもっと読む

→国際交流が捗るおすすめ英語教材のご紹介


スポンサーリンク