LINEで送る
Pocket

筆者は女性、30代前半です。

私は日本人として、留学生のサポート役としてイベントに参加しました。

国際交流パーティー開催場所は岩手大学のキャンパス内

岩手県盛岡市にある岩手大学の中で行われました。

留学生が在学中に滞在する寮の敷地内にある庭で開催されました。

国際交流イベントの主催者は、岩手大学の留学生会です。

留学生が自身の出身国の郷土料理を自分たちで作り、日本人や他の国の留学生たちにふるまうことで、その国のことをよく知ってもらうことと、他の国の方々と仲良くなることが狙いです。

国際交流パーティーでは様々な国の郷土料理の出店が立ち並びました

イベントは屋外で開催され、立食式です。
それぞれの国がテント(組み立て式のパイプテント)を張り、その国で有名な郷土料理を作ってふるまいます。

例えば中国なら水餃子、バングラデシュならカレー、ロシアならピロシキのようなものが並びました。

学生のイベントですし、イスラム教圏の学生もいるためお酒は出しません。

パーティーへの参加費は無料ですが、食べ物はそれぞれのブースにお金を出して好きなものを購入するというスタイルです。

まだ5月で肌寒かったのでは羽織るもの持参で動きやすい服装で

開催されたのが5月でまだ肌寒かったため、気温の変化に対応できるように羽織るものを持っていきました。

屋外のため、動きやすく汚れてもいいような服装で参加しました。

国際交流パーティーでは中国人留学生の方と仲良くなりました。

日本の餃子は主に焼き餃子がスタンダードなスタイルですが、中国では皮から手作りして水餃子にするのが一般的だとその方は言っていました。

また、中国ウィグル自治区からの留学生の方ともお話ししました。

羊の肉を焼いたものを出していたのですが、ラムのにおいが苦手な私もおいしく頂けました。

ちゃんと臭みを取っているからおいしいのだと教えてくれました。

当日の天気予報が雨だったため、てるてる坊主を作っていくと韓国人留学生の方が喜んでくれました。

留学生のご家族も来ており色んな国の方と交流できました

イベントには一般の方も出入り自由だったので、一緒に来日した留学生の家族の方もたくさん来ていました。

慣れない日本の生活の中で、留学生と日本人という関係だけではなくて、外国人どうしでも他の国の人たちと仲良くなれるよい機会となり、イベントは大盛況でした。

また、パーティー中には各国の伝統芸能も披露され、きれいな衣装を身にまとった学生が音楽に合わせて踊る姿はとても美しかったです。

最新の東京大阪の国際交流パーティー情報はこちら

→東京の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす
→大阪の国際交流パーティー(インターナショナルパーティー)をさがす

LINEで送る
Pocket

→国際交流パーティーをもっと読む

→国際交流が捗るおすすめ英語教材のご紹介


スポンサーリンク